蛍籠/蛍

201707230022188f4.jpg


       蛍籠故郷の闇に忘れ来し


       夕闇の赤子に灯す蛍籠


夏の宵、水辺の闇を明滅しながら飛び交う蛍
わが国では昔から蛍の光に恋の思いを託し、あるいは、魂になぞらえて詩歌に
詠んできた。
音もせで思ひに燃ゆる蛍こそ鳴く虫よりもあはれなりけり   源重之(後拾遺集)
もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る  和泉式部(後拾遺集)

蛍の光は求愛信号である。明滅しながら飛ぶ雄に草むらの雌が光を返すと雄は
その近くにとまり、互いに明滅を繰り返しながら交尾する。
あの光は腹部先端の発光器でルシフェリンという発光物質が酵素の働きで発する
冷光。卵も幼虫もさなぎも発光する。      角川大歳時記より


   死蛍夜はうつくしく晴れわたり    宇多喜代子

   とほのくは愛のみならず夕蛍    鈴木真砂女

   蛍の夜老い放題に老いんとす    飯島晴子

   じゃんけんで負けて蛍に生れたの    池田澄子

   病み抜いて母は蛍となりにけり    井上弘美

私にとって、蛍の句に限っていえば女性俳人の作が共感できるものが多い

なお、歳時記によれば蛍と蛍籠は別個の独立した季語である。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

蛍籠故郷の闇に忘れ来し

古里はどちらですか
私は生まれも育ちも埼玉県
離れたたことがないのですよ。
転校生が羨ましくて、結婚するときは
田舎のある人とと思っていましたが
そうはいきませんでした。

旅先の三朝川の蛍の群舞、忘れられません。

No title

凉さん

こんにちは
私の故郷は福岡県久留米市です。
いま大変な水害に遭った朝倉市に隣接する街です。
氾濫した筑後川水系の支流にも昔はホタルの見れる
ところがいくつもありました。
早く落ち着いた生活が被災者の皆さんに戻って欲しいと
思います。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR