荳・シェ_convert_20170908131640


      ひとりゐて鰯のわたの苦きこと


暖流に乗って大群で近海に押し寄せるため、海の色が変ることもある。
漁獲量が多く値も安い。背は濃藍色で腹は銀白色、体に七つ星の黒点が
ある。秋が旬で鱠や塩焼で食す。 歳時記

      鰯焼く母の呼ぶこゑ父のこゑ

鰯はたくさん捕れ安いが定説であったが、10年ほど前にはマイワシの不漁が
続き、1匹で1200円までになった。1キロあたりでいえば上物のクロマグロ並み。

不漁は乱獲が原因とされたが、それだけではなく、現在、定説となっているのは
大気や海洋など地球規模の環境が、数十年周期で変動するということに影響されて
いるという説。

魚の値はその漁獲量で決まっていく。今年はというと大幅に値下がりしている。
ロシアが昨年、排他的経済水域でサケ・マス漁を禁止した影響で北海道の漁船が
イワシ漁に転換。全国の漁獲量は昨年の5倍に達し、築地市場では前年比で
4割ほど安く、1キロ350円前後らしい。

イワシの効能は、ビタミンB群やビタミンE、カルシウムや、鉄分なども豊富で、
それらの吸収を助ける働きをするビタミンDも同時に含まれているため、イワシ
ひとつで丈夫な骨や身体を作ってくれる優秀な食品。


     母在れば 鰯のひらきとだんご汁   中田敏樹

     ふるさとの塩やはらかき潤目鰯かな   古舘みつ子


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR