秋の海

秋の海


      踏切の閉じる音する秋の海


青く澄む空と呼応するように色が深まった秋の海。
秋空の下に広がるさわやかな海や、浜辺もそこに寄せる波も、夏に比べると
ピュアである。
淋しい感じがするけれど、私もそうだが、だから好きだという人は多い。

猛々しい太陽光にさらされ、にぎやかな人間につき合った季節が過ぎ、海は
海としての日常を取り戻す。
生まれた波が、浜に触れるときにたてる音は、そのひとつひとつが海の呼吸の
ように聞こえてくる。


     さかんなる入日なるかな秋の海   市川沙人
 
     分校のラッパは秋の海にふく    高村満子

     一片の雲にさそはれ秋の海     大槻球子

     幼子のひとりは背負ひ秋の浜    飯田龍太

     海女のその物語いま秋の海     稲畑汀子



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

踏切の閉じる音する秋の海

こんな美しい素朴な景色もまだあるのですね。
踏切を渡ってますぐに秋の海へ
旅心が湧いてきます。

海のない地方に住んでいますので
青空と青い海は憧れの地です。
終の棲家は海の見えるところに
できたらいいなあと・・・

No title

凉さん

こんにちは
いつもありがとうございます。

私は今からの季節の海が好きです。

荒れた冬の海も思うところが、一杯詰まった
ような感じがとてもいいと思っています。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR