秋の暮

201709251647316e1.jpg


     もういいよ妻のぽつりと秋の暮


俳句は抒情詩
ほぼ同じように俳句の先生は、抒情、つまり自分の感情を述べ表すな、と
いう教えをされる。

「氷が溶けたら何になる」の問いに、「水になる」の答えは正解であるが、
詩にはならない。「春になる」と答えれば詩になる。
常識や既成概念にとらわれず「氷が溶けたら春になる」と、詩的な想像力を
働かせるのが俳句だと思う。

俳句を作るにはあたたかい気持ちと、常識や理詰めではない、ものごとを
心で感じるやわらか味、丸みが必要。
抒情詩の抒はのべるという意味とともに、緩むという意味もあり、心の状態
感情の柔軟な働きをのべるのが抒情詩である。
                       俳句技法入門 参考


     行春や鳥啼魚の目は泪      芭蕉

     この道やゆく人なしに秋の暮   芭蕉


一句目は奥の細道に出発し、千住での友人や門弟たちとの別れに際し作った
作品。惜別と前途三千里の不安が去来した。
春が行くと鳥が啼くわけはない、魚が涙を流すわけではないが、鳥や魚さえ
泣くだろうと想像力を働かせている抒情句である。


     一合のめし炊きて足る秋の暮


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

一合のめし炊きて足る秋の暮

おはようございます。
雨の寒い一日になりそうです。
食欲の秋とはいえ、私も同様、
2合で、5日はもちます。


No title

凉さん

こんにちは
今朝のニュースを見ていますと、関東地方は12月
中旬の低気温とのこと。

関西も寒くなっています。体調のこともありますが、
この長雨もあって、「紅葉」がどのような色づきに
なるのか・・
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR