夜長

20171008142245c7c.jpeg


      それぞれに居場所の違ふ夜長かな

      長き夜の闇にみしりと軋む音


夏至を過ぎると夜は一夜ごとに伸び、冬至には最も長くなる。反対に
昼は短くなるが、「夜長」は秋、「日短」は冬と使い分けるのは、秋は暑い
夏を越して涼しい夜が長くなるのが嬉しいからであり、冬は暖かな昼間が
短いのを惜しむからである。

「日永」を春、「短夜」を夏とするのも同じ。
「夜長」「日短」「日永」「短夜」、どれも昼と夜の実際の長短ではなく、
昼と夜に対する人の気持ちを表す季語である。

長谷川櫂さんの書かれた季語の解説文の一部である。
俳句を詠まれる方は同じ思いであろうが、この文だけみても俳句歳時記は
非常に興味深い、優れた読み物だと思う。

これからの夜長、俳句歳時記を片手に時を過されてはいかがか・・


     ゆくゆくも今も一人の夜の長さ    越野雹子
 
     夜長なる遠野は音のなき泊り     坊城中子



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それぞれに居場所の違ふ夜長かな

これからますます夜が長くなって行きますね。
体もだいぶ楽になり、眠れるようになりました。

好きなことが出きる体力と気力を持てるうちの
自分流の幸せを楽しみたいと思っています。

No title

凉さん

いつもコメントいただきありがとうございます。

凉さんのブログを拝見すると、お友達と会われたり
コンサートにお出かけになったり、活発に行動されて
いるようにお見受けします。

これからもっといい気候になるでしょうから、作句も
兼ねてお出かけください。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR