赤とんぼ

夕焼け小焼け
ネット画像


     赤とんぼいつも思ひ出つれてくる

     赤とんぼ置かれたやうに竿の先


     夕焼け小焼けの赤とんぼ おわれてみたのはいつの日か
     山の畑の桑の実を 小かごに摘んだはまぼろしか
     十五で姐やは嫁にいき お里の便りも絶えはてた
     夕焼け小焼けの赤とんぼ とまっているよ竿の先

この「赤とんぼ」の作詞は三木露風、作曲は山田耕作で、大正10年に発表され、
露風自身の幼少時代の思い出を書いたものである。 露風は5歳の時両親が離婚、
祖父に養われることになり、そこで子守り奉公の姐やに面倒を見てもらう。
そのときの印象を詩にしたもの。

「おわれてみたのは」は「追われてみたのは」ではなく「負われて見たのは」で
あり、姐やの背中におんぶをされて見た夕焼けという意味である。

姐やは当時の農家は赤貧のため口べらしもあっての子守り奉公で、しばらくして
15歳で嫁いでいった。
「お里の便りも絶えはてた」の意味は、姐やを介して届いていた実家に出戻って
いるお母さんの、消息も聞くことが出来なくなったという意味であろう。

幼少時代の思い出の「夕焼け小焼け」と、四節のいま見る「夕焼け小焼け」は、
同じ夕焼けではあるが、想いのなかで時空を越えたものなのである。

この詞の中に3つの叙情が詠まれている。
ひとつは、夕焼けと赤とんぼの美しい忘れられない鮮やかな情景
ひとつは、姐やの背中に感じる体温の暖かさと、姐やへ抱くほのかな恋慕
ひとつは、会うことがかなわない母への切ないこころ

いまでも愛唱し続けられ、私たち日本人の心に訴える詩の内容がここにはある。


     望郷を煮つめてみれば赤とんぼ    岡本久一
 
     母在りてこその故郷赤とんぼ     高橋和彌
 
     赤とんぼじっとしたまま明日どうする  風天 



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

赤とんぼいつも思ひ出つれてくる

今でも赤とんぼを見ると
思わず口ずさんでしまいます。

お転婆だった私の赤とんぼとの思い出は限りありません。
好きな句です。

No title

凉さん

こんにちは
「赤とんぼ」「ふるさと」この童謡は、いろんな
集まりで歌われますね。

故郷の風景、母、兄弟姉妹、友だち・・・

No title

おはようございます、はじめまして。

>赤とんぼいつも思ひ出つれてくる

この句、とても共感します。

併記の赤とんぼ三句も興味深いです。
風天の句は記憶にあります。
フーテンの寅こと、渥美清さんですね。
面識はありませんが、会に出てくると、
無言でじっと考えて句作して、
句を出すとすぐにお帰りになっていたと何かで読みました。

赤とんぼの句は永田耕衣の二句を思い出します。

  永遠が飛んで居るらし赤とんぼ

  赤とんぼ死近き人を囲みゆく

今日は昨日より暖かくなるみたいですね。 

No title

Yuhkiさん

コメントありがとうございます。
赤とんぼは、私たちの原風景です。その赤とんぼも
周辺ではほとんど見ることがなくなりました。
水田の乾田化、農薬の変化など耕作方法が変わった
ことが影響しているそうです。
過去には、赤とんぼのいい句がたくさんありますが、
これからの人たちには、もう実感としての赤とんぼは
詠めなくなるのかも知れません。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR