新酒

杉玉


      なみなみに亡父の猪口よ今年酒


糖尿病が強く疑われる患者が、2016年に推計1千万人に上ったことが、厚生
労働省の調査でわかった。
私も持病のリスク要因である血糖値をコントロールする治療を受けている。

よく言われるのが糖尿病と飲酒の関係だ。
アルコールには血糖値のコントロールを乱す作用があるため、糖尿病の方に
とって飲酒は良くないとされているが、アルコール自体には血糖値を上昇させる
作用はない。
しかし、アルコールそのものが、肝臓内のグリコーゲンのブドウ糖への分解を
促進させる作用があるため、飲酒後は一過性ではあるが、血糖値を上昇させて
しまうらしい。

注意すべきは、アルコール飲料には糖質を含むものもあるということ。
その場合、お酒を飲むことで糖質も摂取し、血糖値が上がってしまうことになる。
糖質を多く含む酒・・ビール、日本酒、梅酒、ワイン、甘いカクテル
糖質をあまり含まないお酒・・焼酎類、スピリッツ(ウイスキー、ブランデーなど)、
糖質を加えないサワー類(ウーロンハイ、緑茶ハイ、ハイボールなど)

ただ飲酒には、酒そのものの作用ではなくても 、つまみや締めの何とかなどで、
カロリーや塩分、糖分の過剰摂取となり、肥満・高血糖を助長する。
                「糖尿病症状セルフチェック」公開情報参考

私は二十年ほど前にかかった病により、タバコとは一切縁を切ったが、酒だけは
毎日欠かすことが無いくらい、雨の日も風の日もおいしくいただいている。

      おそらくは我の前世は鉦叩

何も後ろめたいものはないが、少し言い訳をすれば日本酒一辺倒であったものを、
蒸留酒である焼酎に替えている・・


     新酒酌む泉下のひとと語るべく   近藤栄治
 
     ある時は新酒に酔うて悔多き    夏目漱石

     胸中の父をよごさず今年酒     岩永佐保



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
新酒は美味しいからといって
飲み過ぎませんように気を付けてください。

No title

凉さん

こんばんは

ありがとうございます。
飲み過ぎは禁物です。気をつけたいと
思います。

今日は定例の句会で、題は「神の旅」でした。
成果を明後日ぐらいのブログに載せたいと
思っています。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR