神の旅

20171025135058d59.jpeg


      路地裏の祠の神も旅立ちぬ


神の旅とは 陰暦10月、諸国の神々が出雲大社へ集まるために旅立つこと。
男女の縁を結び給うために集まるという。
相談を終えた神々は10月晦日に、それぞれの国に帰る。
もともとあった田の神が、秋の収穫をもたらしたのちに山に帰るという信仰と、
出雲信仰が結びついたとされる。 歳時記より

      嫁取りの願ひ背負ふて神の旅

ただ、全ての神が旅に出るわけではなく、神々が出雲へ集合している間、
恵比須、竈神、大黒、道祖神、金比羅などの神は、家や地域にとどまって
留守をしているという

      ゑびすにも一声かけて神の旅

これらの神を留守神とする所が多く、これらは総じて田の神、家の神的性格を
もつもので、しばしば旧暦10月を祭日としている。神無月には、神不在である
との伝えが一般化したのちに、不在であるにもかかわらず、これら一部の神の
祭りがあることの不可解さの説明のために、留守神の考えがおこったのでは
ないかとされている。

      神の旅土日は安い高速路



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

嫁取りの願ひ背負ふて神の旅

男 女の縁を結ぶために神々が出雲大社に集まるための旅
今は結婚をしない男女がが増えましたね。
出雲の神様の力を発揮してほしですね。

No title

凉さん

こんにちは

出雲大社に限らず、島根県はいい温泉や
城下町松江、世界文化遺産石見銀山遺跡など
地味ですが、落ち着いたいいところでした。

機会があれば、一度お出かけください。

No title

こんばんは

12,3年前に鳥取大学の教授をした同級性が退職するといので
仲間と会いに行った時に島根、鳥取の旅を楽しみました。

玉造温泉に泊まり、出雲大社を参拝し、特別に本殿も
見せていただきました。
足立美術館、小泉八雲記念館など、静かな落ち着いた伝統の松江、
素晴らしかったです

鳥取の三朝川のホタルの群舞と河鹿のコラースも忘れられません
懐かしい思い出です。

No title

凉さん

こんばんは
なかなか大きな人気にはならない山陰地方
ですが、色々な所をご存知で良かったです。

今頃、八百万の神たちも楽しんでおられる
ことと思います。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR