草紅葉

尾瀬


      尾瀬の秋やさしと思ふ草の色


秋も深まると木の葉だけではなく山野の草々も紅葉する。
木々の紅葉ほど華やぎはないが、静かな風情があり趣がある。

「草紅葉」の名立たるところは、尾瀬や日光の戦場ヶ原、霧ヶ峰の八島ヶ原
湿原など・・

      草紅葉むかし乙女の賑やかし

足元には一面を紅や黄色に染め上げる草の錦、視線を遠くに移せば、
未だ緑の残る山の稜線、さらに上を見やれば高く澄んだ青い空がある。

あたかも一枚の絵画を思わせる絶景は、まさに限られた時期にしか
見ることのできない季節の産物といえる。


     たのしさや草の錦といふ言葉   星野立子

     帰る家あるが淋しき草紅葉    永井龍男

     人の世のものに境界草もみぢ   保坂リエ


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

草紅葉むかし乙女の賑やかし

箸が転んでもおかしい年頃
そんな時代がありまいた。

No title

凉さん

こんばんは

凉さんの今日のブログ、気持ちのよさそうな
場所がたくさん掲載されていますね。
スッキリします。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR