室の花

201711031416257a5.jpeg


      パスワード忘れて枯らす室の花


咲くはずのない季節に咲かせられている室咲きの花

歳時記によれば、温室で、春や夏の花を冬に咲かせること。古くは、厳冬に梅を
咲かせて楽しみ、現代では、バラやランなど多種の花が栽培される。とある

もともとは、つぼみの梅等を暖かい部屋に入れたら咲いたといった偶然起きた
状態を指したらしい。

「室の花」には、濃厚な薫り、艶やかな色彩、人工的なイメージが内蔵されている。


     室咲に問ふ何が真なにが嘘   中嶋秀子

     身と心病みて脆きや室の花   加藤千枝子

     味方にはならぬ人なり室の花   神野紗希



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR