祭笛

201706051818474cd.jpg


   次の世も長男なるか祭笛


長男あるある

1.責任感が強い
 何事も最後まで責任を持ってやり遂げる能力を持っている。
2.人に対して思いやりがあり優しい
 やさしい心の持ち主で、基本的に人に対して親切に接する。
3.何でもひとりで解決しようとして頑張る
 人に頼ることができない性分なので、ひとりでなんとかしようと
 頑張ってしまう。

4.高いプライドを持っている
 人から尊敬されるような人でありたいと思い、自己研鑽に励む。
5.思い立ったことをすぐに行動に移せる行動力がある
 自分の意思をはっきりと持っており、「こうしたい」と思ったら
 迅速に行動を起こす。
6.親の面倒を見るのは当然自分の役割
 周囲からの期待を十分に感じており、両親の面倒を見るのは、
 最終的に自分の役割だと理解し行動している。

7.上手に人に甘えることができない
 どうやって甘えたらよいか分からないので、人から手を
 差しのべられたとしても、基本的に断る。
8.ついつい人におせっかいを焼いてしまう
 人のことを放っておけない性格で、アドバイスをしたり
 世話を焼いている自分がいる。
9.古風な考えを持っている
 おじいちゃんやおばあちゃんから子供のころに教わった古風な
 考えを実践し、心地よいと感じている。

10.兄弟姉妹の中で、きっかけ作りは自分の役目
 家族でなにかしようとするときのきっかけ作りは、いつも長男で
 ある自分の役割。他の弟や妹も、そのように期待している。
11.「長男なんだから」と言われ、しっかりするのは当たり前
 長男は、子どものころから、「しっかりしていて当たり前」、
 「何でもできて当たり前」というプレッシャーを背負って生きている。
12.人生に影響するような大きな選択は、堅実におこなう
 人生にかかわる大きな決断をしなければならないときには、決して
 冒険をすることなく、堅実な考えをもっておこなう。

13.程度の差はあるものの、マザコンの傾向が強い
 いくつになっても、お母さんの存在は特別で、実際には上手く
 できないけれど、お母さんに甘えたい願望を抱き続けている。
14.人の相談にのることが得意
 人から相談されることを好み、親身になって話を聞き、必要に
 応じて的確なアドバイスをすることができる。
15.我慢することが多く、ストレスを心に抱えるタイプ
 自分の気持ちや願望をはっきりと主張することができず、我慢を
 重ねてストレスをためてしまう。

16.実はさみしがり屋な部分を持っている
 いつもひとりで頑張ることが当然だと思われている長男は、実は、
 孤独で寂しいと感じている傾向がある。
17.人から褒められることに最高の喜びを感じる
 なにかが上手くできたときに褒められると、今までの努力を忘れて
 しまうほどの大きな喜びを感じ、その後もまた褒められようとして
 頑張る。
18.何かを人に教えることが得意
 子どものころから、妹や弟に何かを教える機会が多かったため、
 基本的に人に教えることが上手である。

19.あまり感情を表に出さず、冷静でいられる
 自分のわがままや喜怒哀楽をあまり表に出さず、常に冷静で
 落ち着いた 雰囲気でいられるように心がけている。
20.人から頼りにされることに慣れている
 プライドが高いので、人から頼りにされることは喜びのひとつ。
21.人の上下関係には敏感に反応する
 社会に出ても、上下関係には非常に気を使う。

22.実家のしきたりや慣習に縛られがち
 将来、実家を守っていく役目を理解しており、しきたりや慣習を
 重んじる。


「長男」の周辺の人たちの長男との接し方
 長男には、長男なりの役目やこだわりがあります。プライドが高く、
 自分の本心をなかなか明かさない長男とうまくやっていくために、
 「あるある」をよく理解して、対策を考えていきましょう。あなたに
 心を開いたら、その人柄はよい意味でガラリと変わるかもしれません。

                   情報元 TABI LABO

私は亡姉と妹との3人、男一人の長男である
私のあるあるは22項目中16項目、そのうち特に◎は11項目あった。

兄弟の構成によってずいぶん違うと思うが、結構当てはまる・・
なかなかおもしろい情報でした。


   次の世も女なのかな葱刻む


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

次の世も女なのかな葱刻む

男に生まれたかったと思い続けて
紆余曲折、力いっぱい、生きてきました。
女に生まれて良かったと思えるようになったのは
還暦を過ぎてからです。

凉さん

いつもコメントありがとうございます。

私はこの歳になっても、母、お母さんの句を
詠み続けています。

あー長男

参ったなあ。あっしも長男なんや。妹一人でさあ。これって寅さんと一緒じゃん。 さくらって妹がいてさあ。あっしや寅さんが好きでさあ、今の今まで寅さんンもあっしも長男で妹が一人とは気がつかなかったけど遊さんのブログ見て初めて気がついたったちゃあ。22項以外全部当たってるよ。参ったなあ。
寅さんが好きで帝釈天も行ったさ。お団子屋にも行ったさ。矢切の渡しにも乗ったさ。勿論映画は全部見たさ。中でも気に入ったのは伊根の舟屋の石田あゆみと沖縄の浅丘ルリ子。良かったなあ、あの女ごころ。何か参ったなあ。  又やん

又三郎さん

いつもありがとうございます。
寅さんの最後のマドンナは、浅丘ルリ子さん、
リリーだったと記憶しています。
私も寅さんの歴代一番のマドンナはリリーだと
思っています。
沖縄のストーリーも良かったですが、どこか場末の
劇場で歌うリリーの場面が印象的に残っています。

No title

遊さん、こんにちは。 祭笛と長男、なんか、哀愁かんじますね~
写真がまず素敵。次男じゃ、写真もかえなくっちゃ、ってくらい
これは、あってますね~  女の方はね、私、バリバリ仕事してそれでも、 来世にも、葱くらいきざんでる女に生まれたいものです。今は、パックに刻みネギ売ってますからね。香りも何も、あったもんじゃないらしいですよ。                      ジャガリコ
                               
                    

長女

ジャガリコさん
いつもコメントいただきありがとうございます。

うちは若くして亡くなりましたが、長女が母と一緒に
家計を支えてくれていました。

妻の実家は三代続けて女系。
家をとった長女さんは大変そうでした。
妻は末っ子、明日はその句を載せさせていただきます。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR