かたつむり

201706201429552f5.jpg


   しづけさに一途なるもの蝸牛

   かたつぶり妻の一日一万歩


のんびりとマイペースで生きるということは、リタイアした
身であれ、現役であればなお更になかなか勇気のいることだ。

私たち人間は「世間の目」という本来とるに足らないものを、
気にすることを心に植えつけられてしまっている。
だから、自分に負担のかからない、のんびりした生き方を
しようとすると、なんだか罪悪感を抱いてしまうのだ。

どうせ決まった一生である。
のんびりと生きる勇気を、カタツムリに見習えばと思う・・


一日を一日かけてかたつむり      山崎佳子 
かたつむりも少し君につき合おう   本田幸信 
かたつむり一途に生きて今があり   松本詩葉子 
かたつむり光速にして元の位置     谷口慎也 
かたつむり生き方変えるつもりなく   樋口フジエ 


カタツムリという存在は「急がないこと」「抗わないこと」の
究極の象徴である。
カタツムリは、のろいのではない。
ただ「生」を十分に感謝しつつ味わっているのである。

ウクライナのカメラマンが言った言葉だそうだ


   君はまだそこに居たのか蝸牛   (再掲)

   急ぐこと諦めたからかたつむり   (再掲)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 俳句ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは☺ 暑い一日でした。何もないというのは
ありがたいです。 ただ、そういうことの為にはらっていいる努力も計り知れないものがあるのでしょう。
今日は、家族と近江舞子に来ています。
孫たちが、水遊びに夢中。弟家族、妹家族と合流して
今夜は、宴会です。たまの御褒美のよう。
カタツムリは、からにこもったとき、なにをかんがえるんでしょう。 ジャガリコ

No title

ジャガリコさん、こんにちは
近江舞子、白砂浜がきれいな所ですね。
いいですね。
今晩は大人数の宴会、美味しいものがでるの
でしょう。
楽しんでください。
プロフィール

遊歩

Author:遊歩
あっという間に歳を重ねてしまいました。
せめて俳句への感覚は若くありたいと思い続けています。

最新の俳句
季節の分類
頂いたコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR